メーデー!

旅行関係の備忘録ほか。情報の正確さは保証致しかねます。

しかし神も人も査証申請の前では皆等しく無力だ

 

「登れる上にトークも切れる!更にこの美形!天はオレに三物を与えた!!」(東堂尽八)――渡辺航弱虫ペダル』(第11巻-87話)より

 

神よ、どうか私にゴキブリと対峙する力をください。そうでなければ、北国へ移住するお金をください。

それとTLのリプライ応酬を盗み見していると散見される、「○○さんの為だし1部だけならコピー本出しますよ~」という形で振りかざされる選民特権に発狂しない、強い心をください。

 

築三十年戸建ての個室(自室)に、奴が現れた。
それよりも前から正直、「誰か」と同居している気配はあった。
しかし目に入らなければノーカウント、私は誰かの気配に気づかないフリをしながら、日々課題をこなしつつやり過ごしていた。

 

私はゴキブリが苦手だ。
一定サイズを超え、胸から二対の羽根が生えている節足動物類はゴキブリに限らず全て受け付けない。
私にとっての奴らは、いわば飛ぶ地雷なのだ。

 

生活しているだけで泥棒に家探し、あるいは強盗に押し入られた後のアトモスフィアをインテリアとして演出する私であるが、節足動物に対する恐怖故、基本生活をする室内では飲食をしないという三つ子のころからのしつけを、成人した今尚貫徹している。何せ生粋の実家暮らしだ。

 

しかし、どの道汚部屋で暮らすのならば、節足動物類に対してもホーホケキョとなりの山田くんに描かれる鉄の主婦・まつこのような潔い対処を見習っていきたい。

奴が触角を一振りしたところで、それがどうした。片眉一つ動かさず、我らが文明の利器新聞紙を丸めたソードでバシッと、喝を入れてやりたい。
触角を動かした、それがどうした、
何が化石生物だ、人を見くびるものではない、と。

 

けれどどうしても私は、ゴキブリを見るだけでダメになってしまうのだ。「人をダメにする虫選手権」が開催されたら、ゴキブリはかなり良い線行くと思う。

とにもかくにも、奴と私はいわば磁石のN極とS極、互いに一定距離以上近づいてほしくないところだが、しかしゴキブリは不思議と私の部屋ばかりを選んで局地的に現れる。

奴の触角が視界の隅でぴくりと動くと、私は一瞬のうちに視線を奪われ、表情筋をこわばらせつつ我が城(私室)を放棄し後方へ撤退を余儀なくされるのだ。

私が徳川家康なら、ここで脱糞しても何ら不思議はない。ここが三方が原か、敵はマイスイートルームにあり。

 

築三十年以上戸建て、ゴキブリの出現は一年ぶり三度目、ここに越してきてからは累計五度目、その内三度が私の部屋における出現である。ここにリリスが眠っていても何ら不思議ではない。むしろ私がリリスなのではないだろうか?

 

神よ、どうか私にゴキブリと対峙する力をください。そうでなければ、北国へ移住するお金をください。
それとTLのリプライ応酬を盗み見していると散見される、「○○さんの為だし1部だけならコピー本出しますよ~」という形で振りかざされる選民特権に発狂しない、強い心をください。

 

現状からいうと、天は私に一物も与えていない。

登れなければトークも冴えず、そしてこの醜女。ゴキブリに立ち向かえなければ、私的ゴキブリ処理班を持つにはAPPが足りず、北国に居を移す予算もない。神々のアカウントにおいて選民特権が行使される瞬間を見るに耐えず、選民になろうとするよりも先にアカウントを閲覧リストからそっと外した。

コミュ力もとい魅力、そして財力精神力。あらゆる点において限りなく無力な私には、時間を切り売りし得たはした金で格安プランを厳選し、発作的な旅行を繰り返すことしかできない。

 

そんな私は最近、異性交遊において一人ハブ空港を作り上げた友人と共に、北欧へ旅行する計画を立てた。まさかゴキブリも北極圏を国土に有する諸国までは追ってこまいて。その当時はそのように余裕綽々、マリメッコIKEAのカタログを眺めながらご満悦の表情をする私であった。

当の旅行計画について、日頃は私が厳選・予約をすることが多いのだが、企画が持ち上がった当時、ちょうど私がカンボジア滞在中であったため、旅行会社との掛け合いやプランの厳選は友人に丸投げした。

 

ところで、シェレメーチエヴォ国際空港、というのを聞いたことがある方は読者様の中にいらっしゃるだろうか。

 

いらっしゃる……? あぁ……、……そう。

 

話を進めよう。

 

台湾桃園国際空港アムステルダムスキポール空港シンガポール・チャンギ国際空港。この辺の空港はかなり良心的と言えるだろう。

プノンペン国際空港、シェムリアップ国際空港、ハンバーサイド空港。この辺は地名を知っているか否かにかかっているだろう。それにしたって国内第一位第二位の知名度を持つ都市の名前と、英語地名である。まぁ問題はないだろう。

タンソンニャット国際空港ベトナム社会主義共和国南部のホーチミン市郊外タンビン区にある国際空港。IATAコードは「SGN」であり、ホーチミン市の旧名サイゴンが由来である。(Wikipedia-「タンソンニャット国際空港」より、最終閲覧日2016年8月6日)
カンボジア行きの際に乗り継ぎで利用したベトナムの空港だったが、当時はホーチミン空港として理解していたため何ら問題はなかった。ここで降りる訳でもないし、二、三時間滞在した程度だ。

 

カンボジアから帰国後、友人から手渡された旅程を前に私は固まった。

 

シェレメーチエヴォ国際空港」に、二十四時間を超える滞在。

 

何度目をこすっても、計算をしようと、その事実が消えることはなかった。

 

一瞬、友人に任せたことを、心から後悔してしまった。

 

シェレメーチエヴォ国際空港はロシアの首都・モスクワ市内にある国際空港である。乗客数と取り扱い貨物数において、ロシアでドモジェドヴォ空港について二番目に大きい空港である。(Wikipedia-「シェレメーチエヴォ国際空港」より、最終閲覧日2016年8月6日)

 

「空いてる時間でモスクワに行けるし、近くにホテルもある。」そんな友人のあたたかな言葉により、凍てついた私の心は瞬時に解凍された。脳内に往年のフラッシュ「めざせモスクワ」が流れ始める。ちなみに我々にとってロシアは最終目的地ではない。乗換の時間を利用しての旅行、いわゆるトランジットツアーというやつである。

 

2016年8月現在、ロシア連邦への入国には、それがたとえトランジットの二、三時間、乗り継ぎのために必要なシェレメーチエヴォ国際空港でのターミナル移動(成田空港の第一ターミナルと第二ターミナルのように、シェレメーチエヴォ国際空港内のターミナルは著しく離れているらしい)であっても、ビザが必要になる。

今回私は、自分が取得した「トランジットビザ」の取得方法について、備忘録として以下にレシピ風に記述する。
ロシア連邦を通過する予定がある方は、気休め程度に参考にしていただければと思う。そして詳細や実態については、在日ロシア連邦大使館のサイト(余り明快であるとは言えないが)や、その他トラベルサイト等を確認して頂きたい。

 


では始まりました、毎度おなじみパスポート三週間クッキング。今日作っていくのは「ロシア連邦通過ビザ」になります。材料は以下のものになります。

 

~「ロシア連邦通過ビザ」の材料~
①パスポート(六か月以上の期限が残っているもの、査証欄に見開き一ページの空欄があること) …一冊
②EVA/電子査証申請書 …必要量
③証明写真(パスポート用のサイズ4.5cm×3.5cm)…一枚
④最終目的地までの渡航書類(航空券)などの原本またはコピー=航空券予約のバウチャー。…必要量
(⑤最終目的地がビザを必要つする場合、最終目的国のビザ。我々が今回最終目的地にしているのはビザの不要な国の為、ここでは参考程度に記載するにとどめる。)

 

まず最初にEVA/電子査証申請書の画面を開きます。
在日ロシア連邦大使館の査証に関するサイト、持ち物の一覧にURLがそれとなく記載されているので、探してみましょう。

 

探せましたか?

 

開いてみるとまず最初に、最初か、少なくとも最初の方に、案内言語の選択があると思います。

ここで一つポイント。言語の一覧の中には日本語が含まれていますが、高校英語を修了・受験英語をこなしたことのある方は英語を選択すると、日本語案内ではカバーされていない細かい指示を得ることが出来るのでおすすめです。

ただし査証画面は20分以内で入力を済ませないとリセットされてしまうという時間制限があります(EVA申し込み番号を控えていれば一時保存することも可能らしいですが)。そこまで自信のない方は日本語でサクサク進めるというのも手です。

 

では案内に従って必要事項を入力していきましょう。

今回申請するのはトランジットビザですが、1、2、マルチといった選択を強いられると思います。片道でロシア乗り継ぎをする場合は片道、つまり1。往路復路ともにロシアで乗り継ぐ場合は往復、つまりは2を選択しておきましょう。
往復ビザを取得したいとき、ロシアに入国する日付を入力する際は最初に入国する日付を選んで下さい。復路の入国は最初の入国以降一か月以内ならいつでも可能、ということに現時点ではなっています(各自確認してください、これをうのみにして審査に引っかかっても責任はとれません)。

 

EVAの入力が終わると、pdfで保存するよう促してくるボタンが出てくると思います。そこでpdfでひとまずパソコンの中に保存してから、コンビニかご自宅のプリンターでEVAを印刷しましょう。サイズはA4です。

 

印刷できましたか?

 

ではEVAの所定位置に用意しておいた証明写真を貼ってしまいましょう。規格はパスポートと同じ物であれば問題ありません。
署名欄があったと思いますが、署名欄の下か上かその付近に指示(英語)があったと思いますので、それに従って自分の名前を書きましょう。

 

トランジットビザ申請にあたりその他、大使館に行く前に特別準備が必要なものとして、「④最終目的地までの渡航書類(航空券)などの原本またはコピー」があります。

これは旅行代理店等で申し込みを行ったときに発行・表示される旅程やEチケットなどを全部印刷してもって行き、窓口で提出すれば何とかなりました。何をもっていけばいいのかよくわからないときおすすめです。(あくまで個人の体験です。)

ロシア連邦によって認可された旅行会社のバウチャーでなければいけない等の制限があったような気がするのですが、少なくとも現時点で阪急旅行社のバウチャーはそのまま通ります。

また、ロシア連邦内を自由旅行される際、宿泊先が決まっていない状態での空バウチャーを発行してくれるサイトもあるようなので、連邦を旅行される予定のある方は是非検索してみてください。

 

材料の下ごしらえ(記入・印刷・記名)等が終わりましたら、次はロシア大使館領事部へ提出しに行きましょう。

東京のロシア大使館領事部は、東京メトロ日比谷線神谷町駅が最寄り駅になります。そこまでのルートは各自乗換案内等で検索してください。

神谷町からオランダ大使館方面の出口を出て、そのまま目の前にある大通りを「飯倉」という交差点に向かって歩いていきましょう。「飯倉」がどちら方面かは地図や地図アプリを駆使して各々調べてください。

「飯倉」に突き当たったら右折、お巡りさんの詰め所がいくつか見えてきましたか? その守られている建物が九割方ロシア大使館であるとみて間違いないでしょう。

 

ビザの発行などを担当している領事部は、向かって二番目の詰め所と三番目の詰め所か、あるいは三番目と四番目の間にある鉄格子の扉がその入り口になっています。

「領事部」という看板も一見して人目につき難く、また白く塗料された鉄格子の放つ猛烈な関係者以外立ち入り禁止感に一見さんは気圧されがち・見逃されがちですが、道に迷ったりこれが本当に領事部か自信のないときは、お巡りさんに聞けばだいたい教えてもらえます。

その場に立ってきょろきょろすれば少なくとも二人の警察官は目に入ると思いますので、声をかけてみましょう。

 

ロシア大使館領事部がビザ申請及び発行を受け付けているのは、月曜日から金曜日の午前九時半から十二時半までの三時間。

土日祝日は当然のように休み、またロシアの祭日もがっちり休んできますので、祝祭日について事前のサーチを怠らないようにしましょう。

また、ロシアのビザはその手続きの煩雑さから多くの業者・旅行代理店が代理発行を請け負っていますが、十時ころに窓口に行くとそういったビザ申請代行の業者から来たと思われる、パスポートを輪ゴムでくくり束持ちしたあんちゃんが番号札を手に待合室にたむろしていますので、急いでいる人や待ち時間に耐えられない方は、九時半ちょうどに領事部前へ到着するのを目安に向かうことをお勧めします。

参考までに、我々は十時半に領事部に到着し、そこから一時間半待合室で待機し続けました。

 

待合室では日本国内では滅多に見ないような高密度でロシア語が飛び交っていますが、窓口の人は日本語をそれなりに解してくれるので安心です。

しかし急に「one way?」などと尋ねられることもあるので、気を抜きすぎないようにしましょう。

 

提出書類を窓口の係員に提出し、確認が終わると、「引き取り日をいつにするか」を聞かれることになります。

このあと何日かはパスポートを窓口で寝かせることになりますが、ビザの発行手数料は申請してから発行までどれだけパスポートを窓口で寝かせるか、もといビザの受け取りまで、どの程度時間があるかで決まります。

ロシア連邦大使館領事部ビザ申請のサイトにも金額一覧の表示がありますが、観光・通過ビザの場合は、3労働日以内が一万円、10労働日以内が四千円、それ以上寝かせると手数料は無料になります。

ちなみに労働日=営業日ですので、当然のように土日祝日は含まれません。私がもしロシアのインテリゲンツィアだったらここを就職先の一つとして考慮に入れていたと思います。

 

引き取り日に見合った申請手数料を窓口で支払う、または二週間以上寝かせることで手数料を無料にした場合でも、窓口で黄色いレシートを渡されます。そこに記載されている内容に誤りがないか確認してから、一先ずお暇しましょう。

レシートはパスポートとの引換券になりますので、くれぐれもなくさないように注意して下さい。

 


さて、そろそろ完成に近づいてきましたね。

あらかじめ決めた日数パスポートを領事部で寝かせたら、今度は領事部まで完成したビザを取りに行きましょう。

受け取りの場合は申請と違って番号札をとって待機する必要はなく、窓口に直接行ってレシートを提出すれば、窓口の人がパスポートを探してくれます。

参考までに、我々は11時に領事部に到着しましたが、5分も待つことはありませんでした。

 

パスポートを受け取りましたら、査証欄のどこかに貼ってあるはずのビザに記載されている内容に誤りがないか確認しましょう。

 

確認できましたか?

 

これでロシア連邦通過ビザの完成です。

この必要事項しか記入されていないすっきりとしてシステマティックな紙面! メインに使われているアルファベットにも似た何か、そういえば顔文字でよく見るようなアレは間違いなくキリル文字です。

第二外国語他、第三言語を学ぶ場面でロシア語に触れていないあなた(わたし)は、申し分程度に記載されているローマ字にすがりつつ難解極まりないキリル文字をじっくり見まわし、これから少なからず通過し、乗り継ぎ手続きを済ませる土地に対する不安を胸に募らせましょう。

 

ちなみに私たちの目標はトランジット中にシェレメーチエヴォ国際空港を飛び出し、モスクワ中心地へ向かうことです。

無事かな?

 

youtu.be